7月の日曜日、午前中に時間が取れたのでお気軽ハイクに行くことに。
あまり時間もないので、登りやすくて慣れたところといえばやっぱり鈴鹿です。
そんなわけでこの時期でもヒルの心配があまりない、武平峠からの鎌ヶ岳&御在所岳に行ってきました。

朝7時ちょっと前に武平峠の三重県側駐車場に着いたときには、他に車は1台。
下の方の中道前駐車場とかはすでに満車だったので、武平峠コースは人気薄ですね。


痛めた膝の調子は随分良くなったとは言え、まだ完治はしていない様子。
ゆっくりハイクアップしていきます。


まだ朝早い時間なので比較的涼しい。
すぐに武平峠へ。
まずは左の鎌ヶ岳方面へ。


ガスがゆっくりと散っていく。


そんな中、まさかのブロッケン現象!幻想的でとても綺麗でした。


頂上まではまだ少しかかります。あれはニセピーク。


開けた場所からは雲海が見れました。
雲がかなり低い位置にあるのが分かります。


今回は直登コース。ガレ場を登ります。


最後は手も使いつつ。


到着!
このプレートに沿ってヘビがいて焦った!



今回は久しぶりのMINIを担いできました。
さすがの背負い心地。
膝が痛くなったとき用にポールも装備。


しばらく雲海を眺めながら休憩しました。
下山は巻道から。


武平峠まで戻ったところ、少し膝は痛むけど思ったよりは大丈夫そうなのでそのまま御在所岳へ行くことに。

案外急登です。


前日?朝まで?の雨で湿っていたため、ヒルを警戒しつつ登ります。


鎌ヶ岳がもう結構遠い。


そしてあっさり山頂へ。
やっぱりこのコースは短いね。



買っておいたおにぎりを一個食べて下山です。
来た道を戻りますが、前回このルートを通ったときに間違えた分岐は、先に進めないように木で塞いでありました。


本日3回目の武平峠。


御在所岳からの下りは念のためポールを使用しました。
やっぱりまた本調子じゃないな。。。
いつ完治するのやら。
峠から下ったところの沢で膝をアイシングしてから戻ります。

10時ちょい過ぎに駐車場に戻ったときはもう暑すぎでした。


あまりガッツリは歩かなかったけど、今回のハイクでなんとなく現状がつかめました。
夏山シーズン来ちゃったので、無理せず遊ぼうと思います!

とりあえず海の日は仕事です…。

ちょっと前の話ですが、愛知県春日井市にある春日井三山へ行ってきました。
お気軽に低山縦走できるところ。

タイトルが二山になっているのは、一つの山はパスしたから。
大した山行ではないので軽く振り返りで。


車は都市緑化植物園の駐車場に停めました。敷地内はすでにいっぱいだったので臨時のところ。

以前来た時は細野キャンプ場からハイクアップして三山を回ったのですが、今回は膝の痛みもありそこまで回りこむ気が起きず、大谷山登山口から登ることに。


地図を見ると途中の鉄塔のところから道樹山へいけそうだったので、何気なくこのルートを選択。

植物園だけあって、色々綺麗でした。


イノシシ注意!


池を横目に登山口を探します。


迷いながら上に進んだら、いつの間にかトレイルにのった模様。


全然人がいない。



結局鉄塔まで行ってみたものの、谷筋のせいでルートは途切れていました。
仕方なく戻って大谷山を目指します。

到着。展望なし。


悩みましたが道樹山へは行かないことに。弥勒山を目指します。


階段キツイ。


登りきったら頂上。


ここは展望よくて名古屋の街並みまで見える。


鈴鹿方面も。


ちょっと休憩して下ります。
無理しない程度でチョイ走り。


途中で林道に出たり。





気持ちよくて小走りで下ったら、舗装道路に到着して終了でした。駐車場に近いところに出れた。


膝の調子はまだあんまりよくないけど、夏山に向けてチョイチョイのぼっとかないとね。

東海地方が梅雨入りしたというニュースが流れてきました。
ということは、本格的に鈴鹿の山はヒルシーズンに突入です。
これから涼しくなる秋までは、鈴鹿とは疎遠にならざるをえない…。

となると、日帰りでサクッと登れるような近場の山は限られるもので。
膝の調子もまだ良くないし、久しぶりに楽に登れる豊田の猿投山に行くことにしました。

メジャールートは2つ。猿投神社側からと雲興寺側。メインは前者ですが、駐車場の関係もあって自分は後者側から登るのが好きです。そして今回も雲興寺から。


お寺の敷地内に、登山者にも開放してくれている広い駐車場があります。
トイレ、自動販売機もあり、無料で停めることができるので助かります。


登山道は道を挟んだ向かい側。小さな橋を渡ると標識があります。


標識には5.4km、3時間27分という細かい時間が書いてありますが、時間はこんなにかかりません。


フラットなトレイルを進んでいきます。


このルート、ほとんど日が当たるところが無いので日焼けが気になる人にはいいかも。


この日はウルトララプター。相変わらず履きやすい。


沢沿いの緩やかな坂を登っていく。


途中急登もありますが、ジワジワ登っていきます。瀬戸市が見えたり。


鉄塔のある場所まで出ると少し眺望が開けますが、すぐにまた樹林帯へ。


アップダウンをこえつつ、トイレのある分岐点に着きます。
前来た時より立派になったような…。気のせいか??



このトイレの前に北歩道への分岐がありましたが、そちらはスルー。最初平坦で、一気に急登するルートなので膝には良くないかなと。

そんなわけでここをまっすぐのヤマザクラコースへ。右に行くと林道を通って緩やかに登っていくコースですが、こちらは帰りに使います。


トレイルは少し荒れていますが、登りやすい道。ただ、こちらもそこそこアップダウンがあります。


ヤマザクラが咲く季節はとてもキレイなはず。ビューポイントが何箇所もあります。


気持ちいいトレイル。トレイルランをしている人もたくさんいました。



そしてメインルートに合流。


登りやすいとてもいいルート。



最後に階段が少しあって、頂上へ。


ここまで1時間20分くらい。
山頂は外国の方と日本人のグループがいて、とても楽しそうでした。

ただ、虫が多い!ブンブン周りを飛び回るので、ちょっと休憩した後もう少し下ったところまで移動することに。

ここで昼休憩!


今回は小さめサコッシュで。
ここで休憩していたら蚊に刺されたので、中に入れておいたポケムヒが役に立ちました。


休憩後はゆる下りルートをのんびりしつつ、たまにジョグ。
無理をかけないように気をつけながら。

途中の分岐で御嶽山が見えるルートへ。


何も見えませんね。



あっさり戻ります。


林道との分岐に到着。


ここからしばらく林道歩き。結構ダルいです。


トイレのあったところまで歩き、そこからは来た道を戻ります。


日は当たらないけどかなり暑い…。



下山!


帰りは1時間ちょっとくらいかな。距離が長いルートを使ったので案外かかりました。

膝の調子はすごく悪いわけでもなく、かといって良いわけでもない微妙な感じ。様子を見つつ楽しみたいと思います。

↑このページのトップヘ