テント泊のときに無くてもいいけど有ったら助かるものの一つにテーブルがあった。


ガスストーブにしろアルコールストーブにしろ、地面に直置きするには倒れないように整地しないといけないし、土や砂がついて片付けるときに払うのがメンドイ。
テーブルがあればこの問題は解決できるし(テーブルの足についた土とかは払う必要があるけど)、熱いコップや鍋をテントの床に置くときに敷物を考える必要がなくなる。
それに、テーブルがあることで何となくテント生活が華やかになる気がする(笑)。

で、前々から何かいいものないかな、と探してはいたものの、軽さを優先して探すとおのずと選択肢は狭まってくるもので。

まずはやっぱりSOLA TITANIUM GEARのSuper Table#1(画像はmoonlightgearさんから)。
サイズは235×125mm。重量はスタッフバッグ込みで170g。軽いしロゴもいいし、脚はカーボン製でそそられる。
でも人気商品で入荷即売り切れな上に、ここ最近は全く販売されていない感じ。
そしてちょいとお値段が高い…。


そうすると、あとは定番だけどスノーピークのOZEN
サイズは297×210mm。重量は330g。
しっかりした造りと大きさで余裕がある。お値段も5000円を切っおり、安い。
折り畳むと210mmが120mmになるのも良かった。
ただ、重量だけが気になる…。

サイズは297×210mm。重量は395g。サイズは完全にスノーピークに合わせてきてるけど、こちらは折り畳んだ状態から開くだけで脚が飛び出す構造。お値段も5000円弱。
でもOZENよりさらに重い…。

で、行き詰まっていたところに、Instagramで紹介されていたこちらが目に入った。

サイズは240×130mm。重量は88g!
SOLAのものより一回り大きい上に、かなりの軽量さ!値段も5000円弱!
そしてちょうどオンラインショップ開店セールで今なら1000円引き!
ということであっさり早速ポチった。
チタン製もあってそちらはさらに軽量だけど、価格を考えてアルミ製をチョイス。

下記はサイトの説明のコピぺ。

Trek’sの原点となる超軽量なアルミ製テーブル
テント泊装備に気兼ねなく追加できる重量=100g以下を絶対条件とし、大きさ・強度・使いやすさの3要素を最大限発揮できるよう、強度計算・応力解析・モデル試作を繰り返し、開発に成功した製品です。
完成当初92gだった重量も更にディテールの見直しを続け、88gまで軽量化できました。

大きさはクッカー・マグ・カトラリーを置けるスペースを確保しながらパッキングし易いジャストサイズ
折りたたみ式の脚を採用することにより設置・撤収がわずか3秒と楽々
極限まで軽量化したエキスパートなデザイン
2kgのペットボトルを載せても僅かに撓む程度で登山用のテーブルとして充分な強度があります。

■サイズ : 天板24cm×13cm×高さ7.5cm
        折り畳み時厚み1.4cm
■重量  : 約88g(世界最軽量クラス)
■材質  : アルミニウム



代金を振り込みし、それが確認された後はすぐに発送いただけた。

手元に届いたテーブルは、天板は肉抜きされており、強度を保った上で軽量化されているのがわかる。



ロゴはシール。シンプル。


脚はボルトとナットで留められており、その間にナイロン製のワッシャーが入っている。
このおかげで脚の動きはスムーズで、かつしっかり固定される。


実測は84g。公式案内より軽い!


上にクッカーやコップを置いても安定している。
穴のおかげでアルコールストーブを使ったときに酸素供給もされると思う。
熱の悪影響はまだ未知数。


とりあえず日帰りのハイクで使ってみよう。ちょっとはリッチな気分になれるはず…。
あとは収納袋を考えなきゃだな。